奈良吉野の移住登山ガイド ちくちゅーの日記

山が好きで、山に住んでみたくて移住しました。山暮らし、ガイド報告、登山ネタetc.

暑い夏にオススメ! 甘くないエレクトロライトパウダー

f:id:chkch:20210730215511j:plain

f:id:chkch:20210730215518j:plain
昨年のヒマラヤ遠征でサポートしていただいた縁から、ガイドとして、一登山者としても引き続き KODA Japan様に応援していただけることとなりました!
本当にありがたいことで、今後もそれに見合う活動をしていきたいと気が引き締まる思いです。

www.kodajapan.jp

ジェル、パウダーともに早速活用させていただいていますが、特に最近のマストアイテムはこのエレクトロライトパウダー。
大量に汗をかく暑い夏にはナトリウム補給が欠かせませんが、エレクトロライトパウダー1本で440mgのナトリウムを補給することができます。

いまの季節はすぐに温くなってしまうため、ペットボトル半分にエレクトロライトパウダーを溶かして傾けた状態で凍らせ、翌朝残りのスペースに冷水を入れて、徐々に融けるようにしています。
常にひんやり冷たい状態で飲むことができ、オススメです!

成分など詳しくはWebサイトをチェックしてみてください↓↓
https://www.kodajapan.jp/.../products/electrolyte-powder

気になった方はぜひ登山用品店で探してみてください~
レモン味とカシス味があります。個人的にはカシス味がお気に入りです♪

以下、僕のように理屈っぽい人向け(笑)の、細かい話…

運動時の汗には0.3~0.9%の塩分が含まれているそうです。つまり、1Lの汗をかいた場合、3~9gの塩分が失われる計算です。
通常、少量の汗では汗腺から塩分が再吸収されるそうですが、激しい運動で発汗量が多くなると再回収が間に合わないため、多くの塩分を失ってしまうようです。
食事からも塩分は摂れるため、同量の塩分をドリンクから補給する必要はないとは思います。目安として日本スポーツ協会では、熱中症予防の水分補給として0.1~0.2%の食塩を含んだ飲料を推奨しています。自分としてはだいたい、失われる量の半分程度ということだと理解しています。

エレクトロライトパウダー1本には440mgのナトリウムが含まれています。
塩分・ナトリウム換算式は、「ナトリウム(mg)×2.54÷1000=食塩相当量(g)」のため、440mgのナトリウムは1.12gの食塩相当となります。
標準量としては500mlの水に対してエレクトロライトパウダー1本のため、1Lで880mgのナトリウム=2.24gの食塩相当量が補給できるという計算です。
冒頭に戻ると1Lの汗で3~9gの塩分が失われるため、運動時はやはり水500mlに対してエレクトロライトパウダー1本を溶かして、失われる汗に含まれる半分程度の塩分をドリンクから補給するというのがいいと思います。

もっと細かな話をすると(笑)、水分補給のためには塩分だけでなく糖質も含まれている方が吸収効率がよいため、水分補給という意味では糖質も溶かしてやった方がいいです。一般的にはスポーツドリンクにはナトリウムと糖質がどちらも含まれています。
ところで、エレクトロライトパウダーには糖質が含まれていません。これは敢えてで、運動の激しさにより失われる塩分量が異なるため、水分/糖質/塩分の補給量を各人がそれぞれカスタマイズできるという利点があります。
運動強度が高かったり気温が高いと発汗量が多くなりより多くの塩分が失われる傾向にあるので、その場合はパウダーを溶かす量を増やすといった方法がありますね。

ただこの夏の経験からすると、どんなに厳密に糖質や塩分を調整してドリンクをつくっても、温いと飲む気がなくなってしまうので意味ないです(笑)
というわけで結論としては写真の通り、半分氷・半分水の状態で家を出ると昼頃まで冷たい状態でいい感じです。
これはKODAジャパンのIさんに教えていただいた方法です。
糖質が含まれていないので、後味が甘ったるくなくさっぱりとしているのもよいですね。

参考:
飯塚病院 脱水と塩分
https://aih-net.com/eiyoubu/information/info_059.html
大塚製薬 効率的な水分補給
https://www.otsuka.co.jp/health.../heat-disorders/replenish/
ランニングの発汗で塩分がどれだけ排出できるのか調べてみよう
https://no-shukketsu.com/salinity_of_sweat/

金剛山丸滝谷で今シーズン初の沢登り

先日(7/16)、プライベートで今シーズン初の沢登りに行ってきました。昨年は結局一度も沢に行かなかったので、実に2年ぶり。
まだ梅雨明け前で増水中&天気予報が怪しかったこともあり、行程の短い金剛山丸滝谷をチョイス。2時間ほどで抜ける人が多いようですが支流の滝でロープワークの復習やショートロープの練習を行い、結局山頂まで行ってしっかり1日歩きました。その晩は疲労感が結構あり、沢はやはり運動強度が高いなと感じました。
ひさしぶりに滝を登りましたがやっぱり怖いですね…。しかしパートナーはあっさり下の丸滝をフリーソロ。インドアジムではこちらの方が登れるはずなのですが、メンタルが違うなと思わされました。とはいえ自分の力量でもいける谷はまだまだあるはずなので、夏が終わらないうちにまた行きたいと思います。

f:id:chkch:20210726220931j:plain

入口から小滝が多くて楽しい。

f:id:chkch:20210726220938j:plain

石ブテ東谷(左)との二俣。今回は右へ

f:id:chkch:20210726220945j:plain

支流の滝で遊ぶ

f:id:chkch:20210726220952j:plain

ショートロープの練習。たまにやらないと忘れますね

f:id:chkch:20210726220958j:plain

パートナーは下の丸滝をフリーソロ

f:id:chkch:20210726221004j:plain

上の丸滝周辺で砂金のようなものを発見(金雲母?)

f:id:chkch:20210726221014j:plain

上の丸滝。これは左から容易に登れました

f:id:chkch:20210726221024j:plain

詰めは蟻地獄

f:id:chkch:20210726221031j:plain

 前回はガスの中だったので、景色が見れてよかったです。このあと太尾を下山して周回完了。

岳人8月号「筏場道」掲載!

f:id:chkch:20210714163935j:plain

f:id:chkch:20210714163941j:plain

本日7/14発売の山岳雑誌「岳人」8月号に寄稿しています!
大台ヶ原に至る古道「筏場道」をご紹介させていただきました。
昭和36年大台ヶ原ドライブウェイが開通するまで、大台ヶ原登山のメインルートとして使われていた道です。
現在は台風による崩落で残念ながら上部まで抜けることができませんが、苔むす山道と清流、今でも湧き続ける秘湯など、入り口だけでも存分にその魅力に触れることができます。
かつてこんな道があったことを多くの方に知っていただけると嬉しいです。
全国の書店、モンベルストアにてぜひお買い求めください!

夏山前トレーニング! プライベートガイド@大普賢岳

本日はプライベートガイド@大普賢岳
アルプス山行のトレーニングということでご依頼いただきました。
午後の雷雨を警戒して、集合時間を1時間繰り上げて実施。結果、下山直後に雨粒が少し降ってきただけで済みました。
普賢岳はハシゴが多く登りごたえありトレーニングにはオススメです。気温が高いこの時期、登山口の標高が約1150mと涼しいのもありがたいですね。
個人的には5~6月の花の時期に訪れることが多く、7月はもしかして初めて? 頂上直下ではオオヤマレンゲのお花にも出会い、なにかとタイミングのよい山行でした。
本番登山の成功をお祈りいたします!

f:id:chkch:20210713194645j:plain

f:id:chkch:20210713194703j:plain

f:id:chkch:20210713194711j:plain

f:id:chkch:20210713194720j:plain

f:id:chkch:20210713194730j:plain

f:id:chkch:20210713194737j:plain

f:id:chkch:20210713194745j:plain

f:id:chkch:20210713194751j:plain

f:id:chkch:20210713194758j:plain

f:id:chkch:20210713194803j:plain

 

夏やまちゃん

f:id:chkch:20210708220256j:plain

ちくちゅー登山ガイドサービスの公式マスコットキャラクター、やまちゃんの夏バージョンが登場です。

今年も夏がやってきました。いまだけのあのお花をイメージ。ご褒美があれば雨もまた楽し、ですね。

図書館DEトーク~川上村立図書館で講演しました

今日は図書館DEトーク
ということで川上村立図書館の司書さんにお声がけいただき、「吉野の山々からヒマラヤへ」と題してお話しさせていただきました。
昨年のヒマラヤ遠征を中心に奈良の山々のことを交えつつ、時には実際に使用した道具を手に取ってご覧いただきました。
こんなご時世なので告知はほどほどにこじんまりと、と言いながらの企画でしたが、雨の平日にも関わらずご参加いただいた皆さまには感謝です。ありがとうございました。おひさしぶりの方も初めましての方もおられ、よい出会いがありました。
川上村立図書館では現在、この企画にあわせて山の本コーナーをつくっていただいています。まだしばらくはそのままのようですので、お近くの方はぜひご覧ください。
川上村に在住・在勤の方でなくとも、吉野郡内にお住まいの方は本を借りられるとのことです。
『アート・オブ・フリーダム』『外道クライマー』など山好きの方なら「おっ」となる鋭いセレクトが光ります。これは司書さんのまさに職人の技ですね。
企画運営いただいた川上村立図書館、川上村教育委員会事務局の皆さま、ありがとうございました。

f:id:chkch:20210702214408j:plain

f:id:chkch:20210702214417j:plain

f:id:chkch:20210702214424j:plain

f:id:chkch:20210702214433j:plain

f:id:chkch:20210702214440j:plain

f:id:chkch:20210702214447j:plain

f:id:chkch:20210702214453j:plain

f:id:chkch:20210702214500j:plain

 

コアジサイ咲く白屋岳へ

本日はコアジサイ咲く白屋岳をご案内しました!
おおたき龍神湖の眺めが美しい旧白屋集落から、伊勢参りの道をたどって白屋岳を越え、コアジサイ群生地を目指しました。
前夜の雨もあり先行者にはヒル被害があったようですが、私たちは忌避剤はじめ各種対策のおかげでノーダメージでした。
登山道は新たに伐採された箇所があり、これまであまりなかった南側の展望も得られました。いつも通り上部の伐採地でランチ休憩。ここからは川上村高原の集落とその上にそびえる大天井ヶ岳の組み合わせが見事でした。
コアジサイの開花は例年より早いかと思いきやむしろ遅いくらいで、まだしばらく見ごろが続きそうです。
コアジサイの魅力はその可愛らしい見た目もさることながら、ほのかに甘い香水のような香りにあると思うのですが、こればかりは写真ではお届けできません。ぜひ実物をご覧いただきたいものです。

f:id:chkch:20210620211424j:plain

f:id:chkch:20210620211430j:plain

f:id:chkch:20210620211439j:plain

f:id:chkch:20210620211446j:plain

f:id:chkch:20210620211452j:plain

f:id:chkch:20210620211459j:plain

f:id:chkch:20210620211506j:plain

f:id:chkch:20210620211514j:plain

f:id:chkch:20210620211523j:plain

f:id:chkch:20210620211534j:plain

f:id:chkch:20210620211543j:plain

f:id:chkch:20210620211549j:plain

f:id:chkch:20210620211557j:plain

f:id:chkch:20210620211604j:plain