奈良吉野の移住登山ガイド ちくちゅーの日記

山が好きで、山に住んでみたくて移住しました。山暮らし、ガイド報告、登山ネタetc.

4年ぶりの六甲・堡塁岩クライミング

6/1(水)、約4年ぶりに六甲・堡塁岩にクライミングに行ってきました。月末に山岳会のイベントで訪れる予定があり、その下見と称して登ってきました。さすがに4年ぶりとなると記憶がかなり薄れていて概念のよい確認になりました。最近はジムで精力的に登っているので外岩でもそれなりに通用するかと思えば、期待ほどではなく…。もっと岩に触れないといけないと思わされました。

 

前夜のうちに奈良から移動し、岩場近くの無料駐車場で車中泊。さすがに山の上とあって肌寒い朝でした。

朝7時にパートナーと待ち合わせ、踏み跡をたどって入山。

以下、踏み跡の順番メモ。車道から近い順に…

  • 1番目→東稜の頭に繋がる道
  • 2番目→東稜と中央稜のコルに出る道(歩いて下れる。中央稜の中段テラスにも行ける)
  • 3番目→中央稜の頭に出る道
  • 4番目→中央稜と西稜のコルに出る道(最後懸垂。帰り道岩や中央稜の中段テラスにも行ける。)
  • 5番目→同上。たぶん西稜の頭にも繋がっている(未確認)

結論としては2番目の踏み跡をたどって中央稜東面の広場に歩いて下り、そこから各岩場へ移動するのが一番効率がよさそうでした。

今回は西稜や中央稜西面をまずは触りたかったので、4番目の踏み跡を選択。最後は濡れていてクライムダウンが怖く、懸垂しました。

※結局懸垂で時間かかってしまうので、西稜に行きたい場合でも中央稜東面の広場経由の方がよかったと思いました

アップとして西稜を登る。ルートがよくわからなかったが、たぶんノーマルルートIV+(右側のロープがかかっているクラック沿い)をリード。カムが役立ちました。

ロープが50mで足りるか微妙だったため、一番てっぺんまでは行かずその手前のテラスまで。ここに限らず堡塁岩は60mロープの方が安心感あるなと思いました。

パートナーがTR後、自分はザックを背負って左ルートをTR。最後にパートナーが登り、木で懸垂下降しロープ回収。

お次は中央稜西面へ。当初、コズミックライン5.10aを狙って登りだしましたが、中間部がとても登れるように思えず、左隣のハチの巣コーナー5.10aに逃げる。しかし上部の核心のクラックが大変で、テンションをかけながらカムをかけ替えて少しずつ高度を上げるという冷や汗ものの登り…。あまり自分のセットしたカムに本気でテンションをかけたことがなかったので、焦りました(一度本気で落ちてしまったものの、ちゃんと止まったのでよかった)。フリーのルートで登り切れないと大変なことになるなと痛感。あとはカムで使用頻度の高い番手は2セット目を用意しておかないといけませんね。

なんとか登りきり、終了点はボルトのみだったため、一段上がって左にトラバースした残置カラビナより懸垂下降(最初は一段上がった松の木から懸垂しようとしたが50mロープでは下に届かなかった…)。

気づけばハチの巣コーナーに1時間も張り付いていました。

 

ランチ後、踏み跡で横移動して中央稜南面下部へ。

中央クラックルートV+をリード。上部の核心でテンション入ってしまいましたが…。ここは記憶が残っているうちにRPトライしたいものですが、どうかなー。

終了点はリングつきでした。

しかしクラックルートといってもクラックはかなり浅く、残置ハーケンがなければとてもリードできる気はしませんでした…。こんなところを残置なしで登れるようになる日が来るのだろうか。

今回は時間的に登れませんでしたが、中央稜東面。次はここも触りたい。

最後に東稜をマルチピッチで登ることにしました。

中央稜の頭より望む東稜上部

1P目は樹林帯から取り付き森がきれるまでパートナーがリード。15mほど。III級程度ですが支点はリングボルト1本だけ。

2P目は自分リード。岩稜のリッジをそのまま行くラインが面白そうでしたが、荷物が重かったので左の凹角に逃げてその上は素直に直上。ここも容易ですがピン少なし。ロープが重くなってきたため、最後の頭のコブだけ残して岩角でピッチを切る。

3P目はパートナーが最後のコブ3m程度を登り切って終わり。トップにリングボルトあり。

今回は短めにピッチを切りましたが普通は2Pでいけると思います。

東稜から中央稜を望む。

東稜の頭にて。

4年前に来たときは気になりつつも登る機会がなかったので、今回登れてよかったです。脆いと聞いた気がしましたがそんな感じは受けませんでした。


まとめ。期待していたほど自分が登れずちょっとガックリきた部分もありましたが、4年前は登れる仲間頼りな部分があったものの、今回は自分主導で計画しIV+までは落ちずに登れたので、多少は成長しているなとも感じました。

今回はハチの巣コーナーでかなり時間を消費してしまったので、本数的にはやや物足りない感じもあり。奈良からは遠いですがまた機会をつくって登りにいきたいものです。中央稜南面、東面のIV~V級くらいをガンガン登りたいですね。

大峰・行者還岳 南尾根直登

5/24(火)、行者還岳の南面に入りました。行者還岳はその南壁の険しさに役行者も一度は引き返したことが山名の由来と言われており、確かに南側は断崖絶壁となっています。登山道は東側から巻いており、壁の方はどうなっているのだろうと前からいつかは行きたいと思っていたところでした。

小坪谷より入山し、天川辻経由で行者還避難小屋へ。背後にそびえているのが行者還岳。

南壁のアップ。今回は中央に写っている岩壁の右側の急な尾根を登ることとなりました。

避難小屋裏手より尾根をそのまま詰めアプローチ。手前に小さな岩コブが2つほどあり、左側から巻きましたが急で、これは右から行った方がよかったです。やがて壁に突き当たりました。左側から巻いて偵察したところ、第1岩峰、第2岩峰、第3岩峰まであり、1・2、2・3のコルは容易に上がれそう。第3岩峰から先は巻けずにそのまま山頂まで繋がっているようでした。

せっかくなので第1岩峰まで戻り、装備を整えていざ出発。

3メートル程のフェースから始まりますが、装備が重くて登れず、右の凹角から上がりました。

あとは単なる木登りで、すぐに第2岩峰の直下に到着。ここは登ったら面白そうでしたが反対側の様子がよくわからず、下れないと困るということでコルより一旦下降します。クライムダウンで容易に下り、先ほど偵察した箇所から2・3のコルへ。コルへの登りもロープは不要でした。

反対側から見てみると第2岩峰の下りはかなり短く、これなら心配いらなかったなという程度。第2岩峰のてっぺんに登ると弥山方面の大展望が広がりました。

第3岩峰は最初ロープを出して木登り。20メートルほど行ったところでその先は単なる急坂が続く様子だったので、ピッチを切りコンテニュアスに移行。

写真だと険しい感じですが土の部分が多く木の根を掴みながらどんどん登っていけます。

左側は岩壁が展開している様子。避難小屋から正面に見えた岩壁はこちらですね。

そのまま岩と土とのコンタクトラインを登りつめていくとシャクナゲが出てくるようになり、山頂が近いことを予感させました。

意外とあっけなく行者還岳山頂に到着。第1岩峰を登り始めてから約1時間でした。

 

結果的には期待していたような岩稜はなく単なる急な薮尾根といった感じでしたが、ずっと気になっていた場所の謎を解明することができ、これはこれで面白い山登りができました。
第3岩峰の基部またはその先からトラバースして左側の岩壁帯に入れば本格的な登攀ができたと思いますが、あまりクラックなどない岩質で支点がとれず怖そうでしたし、傾斜もありそうで自分の力量的には無理があったかなぁと……。

心残りは第1岩峰正面のフェースが越えられなかったことです。ムーブ的には5.9程度ですが足元がアプローチシューズであったこと、支点がとれず足場も傾いており落ちる恐怖が強かったこと、午後から雷雨の可能性ありという予報で先がわからない最初の段階で時間をかけたくなかったこと、という理由から右の凹角に逃げました。

ライミングシューズ自体は持って行ってはいたので、一旦靴を履き替えてボルダリングとして登った後ギアとザックを荷上げするといった方法を取れば登れないことはなかったのかもしれません。満載のギアとザックの負荷は予想以上でしたが、これくらいはさくっと登りたかったという気持ちもありますし、もっと登攀力を向上させる必要があると痛感しました。

対策としては登れる最高グレードを上げて荷物を持っていたとしても余裕をもって登れるようになること、5.9程度のルートを今回と同じ装備で登って全身の筋力を鍛えること、という2点でしょうか。

若干の心残りはあったものの、全体的には夢が叶ったいい1日でした~。

2021年の振り返りと2022年の展望

2021年はなんといっても娘の成長とともに歩んだ1年でした。本当に小さかった娘はぐんぐんと成長して、いまではしっかり歩くようになりました。言葉はまだ話せませんが、こちらの言うことは理解しているようです。食事も離乳食から幼児食に移行して、外出が楽になってきました。

コロナの影響もあり海外遠征はまったく考えず、2021年は育児と仕事で生活の基盤をつくっていく年にしようと思っていましたが、その通りになりました。

仕事の面では登山ガイド業が中心となりました。新企画も多くいままでで一番企画をたてた年でした。14時間歩いた雪の八経ヶ岳や分割で歩いていた大峯奥駈道縦走の完結、逆に一気に歩いたプライベートガイドでの大峯奥駈道7daysは思い出深いです。反面、9~11月は予定を詰めすぎ休む暇がほとんどなく、反省が残りました。

プライベートでは沢登りに比較的よく行きました。迷岳庵ノ谷、三峰山ワサビ谷など情報が少ない中で自分が主体となって行った沢はいい思い出となりました。

秋以降は仕事中心でしたが、12月に入ってからは岩に触れる機会が多く、クライミングの楽しさを思い出しました。時間をつくってトレーニングは続けていきたいところです。

2022年は仕事にかなり偏っていた時間のバランスをもう少し整えて、ほどよいペースを見つけていきたいものです。

f:id:chkch:20220111214934j:plain

今年もよろしくお願いいたします!

 

昨年の振り返りはこちら

chkch.hatenablog.com

岳人12月号 掲載中!

現在、好評発売中の山岳雑誌「岳人」12月号にて記事が掲載されています!
今回は2記事。「私のヒヤリハット体験」コーナーにて、大峰での道迷い未遂を、「とっておきの山歩き」コーナーにて、伯母子岳&龍神岳をご紹介しています。
「岳人」12月号は全国の書店・モンベルストア・オンラインショップにてお買い求めください。娘も誌面に夢中のようです!

f:id:chkch:20211126110851j:plain

f:id:chkch:20211126110856j:plain

f:id:chkch:20211126110901j:plain

f:id:chkch:20211126110907j:plain

 

国際登山リーダー研修会@神戸に参加しました

先週末はひさしぶりに紀伊半島を飛び出して大都会神戸へ。
10/29-30と2日間行われた日本山岳ガイド協会のIML資格認定研修会に参加しました。

IMLとは International Mountain Leader の略で、日本山岳ガイド協会が昨年、ハイキングやトレッキングガイドの国際組織である Union of
International Mountain Leader Associations(国際登山リーダー連盟)に加入したことで、世界基準での登山ガイド養成ができるようになり誕生した新たな資格です。

IML資格を取得することで、海外においては国際登山リーダー連盟加入国でのガイド活動ができるようになり、逆に国内においては訪日外国人に対して国際水準の技術を持っていることの証明となります。

今回は登山ガイドや山岳ガイドの有資格者を対象に、国際登山リーダー連盟基準との共通化を図る座学研修でした。
この後、来冬に雪洞泊を含む実地研修を経て、IML資格が認定されます(落ちなければ、ですが…)。

自分としては(1)世界基準の登山ガイドがどういったものが知りたいという興味と(2)インバウンドを見据えて国際資格を取得したい、という目的がありました。
実際には資格以外にも語学力や実地経験が当然必要なのですが、講師の先生方はもちろん経験ある受講生との交流含め、刺激的な2日間でした。

まずは机上研修で落ちていないことを祈ります…!

f:id:chkch:20211102214634j:plain

f:id:chkch:20211102214646j:plain

 

大峯奥駈道縦走〔最終回〕八経~釈迦~行仙 2年半ごしの完結!!

f:id:chkch:20211011234442j:plain

10/8~10、大峯奥駈道縦走シリーズの最終回を実施しました!

何度も計画しては流れていた八経ヶ岳釈迦ヶ岳~行仙岳の未踏区間を、秋晴れのもとようやく埋めることができました。
これにより、2名の方が(女人禁制区間を除く)吉野から熊野までの大峯奥駈道を完走されました。本当におめでとうございます!!

1年間かけ大峯奥駈道を分割縦走するこのシリーズを始めたのが2019年4月。今回歩いたパートは2019年5月に当初予定していたものの、悪天候のため八経ヶ岳より途中下山となりました。その後、台風やコロナの影響でキャンセル続きとなり、2年半ごしの実現となりました。
数えてみると今回は4度目の再企画だったようです。辛抱強くお待ちいただいたご参加の皆様には本当に感謝です。

あまりのキャンセル続きに何か呪われているのでは?と思ってしまったときもあったほどでしたが、最後はこの日のためにとっておいたかのような好天のもと、八経ヶ岳釈迦ヶ岳の大峯核心部をクリアし、続く南奥駈道もトレースすることができました。この2年半の間にメンバーの絆も深まり、長い待ち時間があったからこその和気あいあいとした雰囲気で、ハードな行程も全員そろって乗り越えることができました。特に釈迦ヶ岳を越えた2日目はテントを含む重荷を背負って13時間半行動という長い1日となりました。

もとはといえば2018年11月~12月にかけて、弘法大師の道の分割縦走を行った経験がこの奥駈道に繋がっています。弘法大師の道が無事歩けたことによって、より長い大峯奥駈道の実現が見えてきました。吉野・熊野・高野山大峯奥駈道小辺路弘法大師の道でトライアングル状に繋がっていることに気づいたのもこのときでした。
今回、ガイドとしてトライアングルの二辺を繋ぐことができました。最後の一辺となる小辺路はまだまだ続くコロナ次第でいつのことになるかはわかりませんが、奥駈道と同じように諦めず粘り強くチャンスを狙っていきたいと思います。

この2年半、ガイドとしてさまざまなことを奥駈道から勉強させてもらいました。次は順峯(熊野→吉野)という声も一部から聞こえてきた気がしますし(笑)、未踏区間が残っている方もおられますので、奥駈道との縁はまだ終わりそうにありません。が、ひとまず公募プランとしてはこれにて完結です。

皆様、長い間本当にお疲れさまでした&ありがとうございました!!!


大峯奥駈道縦走の軌跡―

2019/4/20~21 六田駅~吉野川柳の渡し~青根ヶ峰~五番関
2019/5/17~19 和佐又山ヒュッテ~大普賢岳八経ヶ岳~川合
2019/10/14 和佐又山ヒュッテ~大普賢岳阿弥陀ヶ森~大迫
2019/11/9~10 池郷林道~持経の宿~笠捨山~21世紀の森
2019/12/14~15 21世紀の森~玉置山~熊野川熊野本宮大社
2021/10/8~10 行者還トンネル西口~八経ヶ岳釈迦ヶ岳~持経の宿~行仙岳~白谷トンネル東口

続きを読む