奈良吉野の移住登山ガイド ちくちゅーの日記

山が好きで、山に住んでみたくて移住しました。山暮らし、ガイド報告、登山ネタetc.

2022年の振り返りと2023年の展望

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2022年はクライマー1年生といった感じの1年でした。昨年、ブログに2022年の展望をあげた時点では大きな目標といったものは何もなかったのですが(記事にもそれが表れていますね…)、2021-22シーズンは寒冬で近場のアイスエリアがよく凍り、1~2月は熱心にアイスクライミングに通っていました。そこで目標にしていた氷瀑が登れたことがきっかけで、さらに登攀力をあげたい、そのためには無雪期にもクライミングをしなければ、という流れで3月以降はボルダリングジムにひさしぶりに通いだしました。ボルダリングを熱心にやっていると登ること自体のモチベーションもあがるもので、春先は川上村屏風岩、行者還岳南尾根直登といったかねてから気になっていたルートをトレースすることができました。6月はひさしぶりに堡塁岩に2回行き、日本山岳会の若手有志で交流会を実施しました。ここで出会った方と年末はクライミングに行くなど、いい流れができつつあります。

ちなみに日本山岳会の交流会はもともと関西支部で実施しているヒマラヤ登山塾というものがきっかけで、2021年12月の回の際に登山塾後の飲み会で次は会議室だけでなくフィールドでも交流したいねという話がもちあがり、3月にはクライミング交流会を企画したものの天候不順でツリークライミング体験会に変更、6月に念願のクライミング交流会を実施という流れになります。11月にはユース交流会で広島まで登りに行くなど、最近は日本山岳会の繋がりにもよい刺激を受けています。

夏は沢登りに5回出かけました(ブログにアップした4回プラス、ガイド研修で大峰のモジキ谷へ)。やはりボルダリングジムのよい影響があり、これまでより登攀力のいる2級程度の沢が中心でした。目標としていたシオカラ谷や台高・中の滝に結局行けなかったのは残念でしたが、その下準備はできたと思います。しかし滝の登攀で行き詰って怖い思いをする場面もあり、反省も残りました。

秋以降は再びクライミングシーズンで鬼ヶ牙や北小松の岩場、ブッシュマン登攀、名張通いなどだんだん外岩の経験値も増えてきました。目標としていた外岩5.10bは達成ならずでしたが、あまり焦る必要もないかと思っています。

といった感じで主にプライベート山行が充実していた1年でした。とはいえ遊んでいたばかりではもちろんなく、仕事の面ではM社との企画づくりや書道の雑誌での連載など新しい経験もさせていただきました。学生時代以来の南アルプスをガイドとして訪れたことや、小辺路のスルーガイド、行政との登山道調査も大きな仕事として印象に残っています。

娘が4月から保育園に通いだし、日中は夫婦の時間をとれるようになったことは大きな変化でした。秋は運動会や生活発表会など行事が続き家族全員が体調を崩す場面もありましたが、子どもの成長はあっという間で、いまや普通に会話できることに驚きながら慌ただしい毎日を楽しんでいます。9月には京都の愛宕山へ三つ参りに行き、記憶に残る親子登山ができました。

実は1本の電話がきっかけでこの春に3年ぶりの海外登山を予定しており、それが今年のメインイベントになりそうです。海外遠征後については、遠征で何を感じるか次第で正直まだ想像がつかない部分が大きいですが、引き続きクライミング能力をもう少しあげたいな~とぼんやり考えています。

何年も先の大きな目標を掲げてやっていくというのはどうも性に合わない気がするので、あまり気負わず、半年~1年先くらいの楽しみを考えて過ごしていきたいと思います。とりあえず海外遠征はもちろんピークに到達したいと思っていますし、あとは外岩グレード更新、クラックでのリードができるようになれば御の字かな~。

 

昨年の振り返りはこちら

chkch.hatenablog.com

11~12月の山行まとめ(広島、名張、八ヶ岳etc.)

すっかり記録更新が滞っていましたが、年内のうちにまとめてアップします!

 

11/3-5 広島・天応烏帽子岩、三倉岳@日本山岳会ユース交流会

広島は学生時代に宮島の弥山を歩いて登ったことはあったものの、クライミングでは初訪問。

11/3は天応烏帽子岩で第一ポピュラー(2P、5.6)を登攀。確かに5.6なので落ちはしないけども、ランナウトがすごくてびびった…。

11/4は同じく天応烏帽子岩でマルチピッチの銀座尾根を登攀。どんがめ岩からの展望が最高でした。

11/5は半日だけ三倉岳に滞在。しろくま5.7(TR)、ソフトクリーム5.9(リード、テンション入れてしまった)、モアイクラック5.9(TR)を登る。三倉の主である両粂さんに偶然お会いでき、ご挨拶できてよかった。

次は三倉岳に何日か滞在してクラックをしっかり登りたいものです。

 

11/8 川上村屏風岩

柏木の岩場の対岸にある岩尾根。今年の春に初めて登り、今回リピート。実際登ってみるとクライミングとしては容易ながら、何度訪れてもすばらしい高度感!

 

11/9、12、12/7、30 名張

ジムで知り合った方、日本山岳会の交流会で知り合った方と複数のパートナーとともに。まさかこの短期間に4回も訪れることができるとは思わなかったものの、クラックは前からやってみたかったので本当に嬉しい。普通のシューズだと足が痛すぎて、TCプロを勢いで買ってしまったのでますます行くしかない。

エリアは11/12のみサニーサイド。それ以外は屏風岩。いまのところすべてTR。

サニーサイドではむらさめ5.9、くのいち5.9、だんだん5.8、ジュマンジ5.10aを登る。ジュマンジは滅茶苦茶苦しかったものの、綺麗なラインでいつかはリードしたい。

屏風岩ではクラックベイビー5.7、名張入門5.9、ブロードバンド5.10a、サーフライダー5.10d、バルス5.9、マシュマロマン5.10aを体験。クラックベイビーはギアがあればリードできるかな?という感じ。名張入門のワイドができなさすぎて悲しい…。

今年の登り納めとなった12/30はバルスを1日に4回登るというザ・基礎練DAY。ようやくジャミングがわかってきたかも!?という瞬間があって、地味ながら進歩ある1日でした。

 

11/19 椿岩

10月に訪れたものの蜂の巣敗退だった椿岩。そろそろいいだろうということで再訪。ようやくまともに登れました。

マリエンタール5.10b敗退、棠記(トンキー?)飯店5.10b敗退、モンキージャスティス5.10b完登、マタニティ5.9RP(前回ヌンチャク回収のためTRで触っているのでOSではない)など。アスレチッククラブ5.9も触ったような記憶があるものの、もう忘れてしまった…。

10b狙いで訪れたものの、3本中2本は全然ダメという…。モンキージャスティスは出だしのボルダームーブでかなり消耗し、核心で腕が終わってそれ以降は各駅停車。出だしと核心が改善されればまだ可能性はありそうなので、次があればモンキージャスティスのRPを狙いたいものです。

 

11/14 ほしだ園地

もともと外岩予定だったものの、早朝に岩場周辺で雨が降り急遽変更。左壁の被った5.10cを夢中で登ってオンサイトできたのは嬉しかったです。

・正面壁
5.9 茶 mOS
5.10b 緑 mOS
5.10c 青 ほしだカップルート 2テン

・左壁
5.10c ピンク☆☆☆ルート mOS

・右壁
5.10d 黒 ハング入門ルート 後半テンション多数 一度パンプするともうダメですね…

 

11/20-22 八ヶ岳東面

来春の遠征メンバーで顔合わせ合宿。出合小屋にベースをおいて中日で旭岳東稜~ツルネ東稜下降。恥ずかしながら八ヶ岳は学生時代に阿弥陀南稜~赤岳~地蔵尾根を登って以来2回目で、東面は当然初訪問だったので新鮮でした。

旭岳東稜はいやらしい岩の巻きや凍った草付きの登攀、ナイフリッジなどいかにもアルパインルートという感じで、慣れない草付きクライミングには緊張させられたものの内容充実で楽しいルートでした。自分にはちょっといっぱいいっぱいという感じで、登れたのは仲間のおかげです。

もし自分主体で計画たてるなら天狗尾根に行ってみたいかな。

 

12/29 白嵓

暖かな岩場をもとめて南下。期待通り日が陰るまではぽかぽか陽気で快適でした。椿岩と同じ石灰岩ですが全体的にこちらの方がホールド豊富で登りやすく感じました。

ローパワー5.9 1テン ルートミス? 最後は右の手に足はやさしくに合流

手に足はやさしく5.8 OS 厳密にはローパワーの際に最後触っているのでRP?

まっ黒クロスケ5.10a mOS 体感5.9、容易だがクライミングらしい動きがあっていいルート

私は王女様5.10a RP 核心がチビには遠い…。わかれば登れるので2便目でRP

仙人掌5.10a テンション多数 私は王女様で疲れすぎた…次回はRP狙いたい

 

というわけで振り返ってみると結構しっかり登れた晩秋~初冬でした。

もともと今年の目標のひとつにフリーのグレード更新というのがありましたが、それは達成ならず。具体的には現状OSグレード、RPグレードともに5.10aなので、5.10bのRPを狙っていました。

11月にはクライミングに一区切りつけて12月からは来年の遠征にそなえて歩荷や縦走をしようと思っていましたが、クライミングの目標を達成できていなかったことと、12月の頭に左足の捻挫をやってしまい、走ったり歩荷して足に負荷をかけることに自信がなくなったという事情もあり引き続き比較的負担の少ないフリーをやっていたという感じです。パートナーに恵まれたという嬉しい事情もありました。

フリーのグレード更新に関してはまずは外岩に慣れることが必要かなと最近は感じるようになってきて、5.10aが余裕で登れるようになれば自然と5.10bは登れるようになると思うので、無理にグレード更新にやっきになる必要もないかと思っています。

パートナーがいないことをこれまで嘆いていましたが、今年に入って登りたいという気があれば救う神はいると思うようになりました。最近、白嵓や名張に行っているのも最近知り合った方々ばかりですし。へっぽこでも誘ってもらえることに感謝です…!

これからアイスシーズンを経て春には海外に行ってしまうので、来年帰国後どれほどフリーの腕を維持できているか若干の不安がありますが、焦らずクライミング自体を引き続き楽しんでいきたいと思います。

大台ヶ原の入門マルチ 蒸篭嵓・ブッシュマン登攀

11/2(火)、大台ヶ原の入門マルチ、蒸篭嵓(せいろぐら)の「ブッシュマン」(全6P、140m)を登ってきました。

開拓者による紹介ページはこちら↓

http://yuuhi.boo.jp/seirogura.html

5P目の核心は5.10cとグレーディングされていますが、同時に「長身5.10a、A0 5.9」ともあります。最高グレード5.10aの自分でも最悪A0すればなんとかなるかと思い、大台ヶ原のマルチピッチクライミング入門としてチャレンジしてみることにしました。

結果的には身長低めの自分でもフォローとはいえノーテンで抜けることができ、次回はリードできるのでは?と思えましたので、紹介ページにある「とにかく優しく短いルートですのでゲレンデの5・9が登れる方は是非トライしてください」という言葉はそのまま受け取っていいようです。

むしろ今回は前日の雨の影響でアプローチが非常に滑りやすく、壁も下部は沢登りの様相で5P目核心よりそちらの方がよほど怖かったというのが正直なところでした…。

以下、簡単に報告します。

アプローチ:取り付きまで中崩谷を下る。滑りやすく急峻で、意外と悪かった…。30分ほど下って右手に残置ロープを見つけると取り付き。ちなみにその手前に手掘りのトンネル跡あり。林業の名残だそう。昔の人はすごい。

1P目:パートナーリード。濡れていることが多いらしい。今回もヌメヌメ。ボルトがよくわからない形状なのでテンションをかけたくなく、冷や汗をかきながら登る。出だしは容易だが最後だけ5.9相当で少し難しい。

2P目:自分のリード。一段上がるとブッシュの中に踏み跡に入り、T字路のような形で踏み跡が左右にわかれている。正解は左で、少し進んで直上する。そのまま行き過ぎるとより難易度の高いブッシュマン2に入ってしまうようなので要注意。灌木に支点をとったのはいいが、ロープの流れが悪くなってしまいビレイに苦しむ。上部は岩が乾いていて快適だった。

3P目:パートナーリード。後半のチムニーっぽいところが悪い。ボルト位置が遠くリードだと怖そう。

4P目:自分のリード。あまり記憶にないが、快適に登れたような。だんだんと大蛇嵓と同高度まで上がってきて、大蛇嵓の上に登山者がいるのが見える。

5P目:パートナーリード。いよいよ核心部。パートナーは余裕をもって越えていく。自分は果たして抜けられるのか?と緊張していたが、小ハングの奥にホールドをさがしあてうまく越えられた。ただしそこからもスラブが続き、全体的に気を抜けない。

6P目:自分のリード。5P目終了点からすぐ上のボルトまで右からいくか左からいくか迷い、左からいったがこれが悪手で盛大に腕力を消耗してしまった。おそらく右が正解? あとはすぐに森に入り終了。

またしっかり岩が乾いているときに再訪し、次は今回フォローにまわったピッチのリードに挑戦してみたいものです。

なお、今回のルートは登山道外となるため「岩登りに罰則規定がないとはいえ~」と紹介ページにあるように他の登山者や植生への配慮に留意が必要です。

 

大台ヶ原ドライブウェイより、前夜の雨の影響で見事な雲海が見られました

蒸篭嵓を望む

アプローチ途中のトンネル跡

取り付き

フォローするワタシ

終了点は全部この形状でした

3P目。画になる

振り返ると大蛇嵓

大蛇嵓のアップ。登山者が見える

5P目核心のハング

パートナーと。ありがとうございました!

 

時間記録

9:00過ぎ 駐車場発~(中道)~10:05 大蛇嵓~10:25 大蛇嵓分岐付近より下降開始~11:00 取り付き~14:50 登攀終了~15:15 大蛇嵓分岐(一般道合流)~15:55 駐車場帰着(中道経由)

WFAベーシックコース(ウィルダネス・ファーストエイド)を受講しました

10/4-5
一般社団法人 ウィルダネス メディカル アソシエイツ ジャパンWFAベーシックコースを受講しました。


消防や日赤の救急法が「都市型救急法」と呼ばれるのに対して、医療機関へのアプローチが遠い野外や災害状況下における救急法を「ウィルダネス・ファーストエイド」「野外・災害救急法」と呼び、北米のアウトドアガイドはこれを学ぶことが一般的だそうです。


前職の旅行会社に就職する前、ちょうどウィルダネス・ファーストエイドの講習会が日本で始まったばかりの約10年前に一度受講したことがあったのですが、そのときはアウトドア経験も浅く膨大な情報量に圧倒された記憶があります。


今回は所属している奈良山岳自然ガイド協会による招致開催ということで、ガイド仲間とともに2日間演習を繰り返すことができました。自分自身のアウトドア経験も10年前に比べると増え、よりリアルにいろいろな状況を考えることができた気がします。


とはいえ北米においてはさらに上位のコースを修了することがスタンダードだそうで、これに満足することなく、さらに学ばねば、とも思いました。


講師のまゆぴー、ガメラさん、ありがとうございました!

 

滋賀県・北小松の岩場へ 外岩5.10aOS!

10/20(木) 滋賀県の「北小松の岩場」へ行ってきました。最近その存在を知り、気になっていたところです。5.9前後が多く支点も整備されていて、4つある岩峰のうちバードロック以外は岩頭へ歩いてまわることができ、敗退しやすくトップロープが張りやすいという初級者にはぴったりな岩場でした。日当たりがよくこの日は暑いくらいで、岩頭からは美しい琵琶湖が見えるという素晴らしいロケーションです。

最近YouTubeで100RP理論というものを提唱している動画を見て、リードでRPグレードを上げるにはリードをやりこんで環境(高度感やクリップの感覚)になれるべきでは、と考え、今回はリードで本数を稼ぐことをメインテーマとして取り組みました。

5.9以下はすべてOS、5.10aを1本OS、5.10bの完登など成果があり、今年に入ってから熱心にジムトレをしている成果が出ていると感じました。

5.9については以前から登れるグレードではありましたが、より自信をもって動けていると思います。5.10aの核心部では何回か「テンション!」の声をあげてしまいそうになりましたが、「ここがジムでこの下にマットがあれば登れるはず!」と思い込むことで切り抜けることができました。OSグレードは数年前にラインがよくわからない5.10aを一応OS?といういまいち自信が持てない状態だったので、これなら5.10aOSと胸を張って言えるかなと嬉しい1本でした。

ただ、5.10bが思いの外登りやすく、最初からTRではなくまずはリードトライしてみればよかったということだけが心残りです。今後は取り付く前に慎重に検討したいと思います。

これでOS、RPグレードともに5.10aとなりました。そろそろ5.10bに挑戦していくべく、外岩の機会をつくっていきたいものです。

 

登ったルート

<キャッスルウォール>

本チャン気分5.6 mOS

休日はクライミング5.9 FL

休日は北小松 5.10b TR

<バードロック>

エメラルド 5.10a mOS

空高く 5.9 FL

クリスタル 5.9 mOS

 

エメラルド 5.10a mOS

参考

トポはこちらを参考にしました

yamap.com

100RP理論はこちら

youtu.be

みずはボルダー公開セッションに行ってきました

10/16(日)

この週末も数日前の雨天予報で仕事がなくなり…でも結局晴れたので、奈良県天川村で開催されたみずはボルダー公開イベントに行ってきました。

正式なトポは作成中で今後発売を検討されているとのことでしたが、岩数が多く3~5級くらいのルートが豊富で、自分のような初級者にはちょうどよかったです。
アプローチや下地も整備されており快適でした。想像以上に規模の大きなイベントで、手弁当で運営されているスタッフの方々には頭があがりませんね。

ぼっち参加だったので一抹の不安がありましたが、皆さんよい方ばかりで楽しくセッションさせていただきました。
ミタライクライミングネットワークの皆さま、ご一緒させていただいた皆さま、ありがとうございました。

(その他、最新情報は↓)

tenkawa-climbing.info

 

登った課題メモ

角岩
 ニゴイ6級 OS
 四角5級 OS
初心者岩
 クロックス左8級 OS
 クロックス右5級 RP
木陰岩(上流側)
 フラット5級 RP
要塞岩(道路側)
 草むしり5級 RP
圧岩(水流側)
 水圧5級 RP
ゴンパチ岩
 ゴンパチ4級×
白玉岩(上流側)
 白玉5級×
白玉岩(道路側)
 蜜豆6級 OS
のりこ岩
 のりこ5級 RP

→合計:8級1本、6級2本、5級6本 完登

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ちくちゅー@奈良の山 (@masa.tknk)

www.instagram.com

椿岩撤退→鬼ヶ牙でプチアルパイン(東峰南尾根第3尾根)

10/1(土) 鈴鹿山脈の前衛、鬼ヶ牙の岩場へ


本当は椿岩でのんびりフリークライミングのつもりだったのですが、立派なスズメバチの巣に怖気をなし1本登って即撤退。
このまま帰るのはさすがに…ということで急遽転進。こちらはこちらで前から行ってみたかったので、結果オーライ?
下部ではひさしぶりにスラブの恐怖感を味わい、上部ではブッシュにまみれるジャパニーズアルパインライミングを楽しみました。

 

最初はGPSの起動忘れで若干飛んでいます。反時計周りに行動。路肩は駐車禁止となっており、画面外の上流の方(左側)まで進んで駐車しました。

ちなみに椿岩はこんな感じ。この日いた先行パーティは後日記録を発見したところ結局終日登っていたようですが、そのメンタルの強さは私たちにはなかったですね…。1本登っているときも偵察のハチがブンブンしており結構ストレスでした。

話は戻って鬼ヶ牙へ。アプローチ中に見えた小ピーク。ちゃんと位置関係確認してませんが、途中で越えたピークかも。このあたりどこも岩がちで探検のし甲斐がありそうです。

下部スラブは右側と左側があり右の方が一般的なようですが、右の出だしは傾斜がかなり緩く見えたので、登りごたえのありそうな左へ。リードを申し出たものの意外と壁が立っていて恐怖でした…。支点はしっかりしたものが何か所かあったので、トップロープも可能です。

途中で見つけたユニークな地層。

短く切って3ピッチほどスラブを登るとヤブの多い岩尾根に突入。途中に落石防止の金網があったり、ある意味個性的なルートです。今回は3人でしたがもともとフリークライミングに行くつもりでシングルロープを持ってきており、システム的にスタカットだと時間がかかるため、途中からタイトロープを一部使用しました。

ハイライトはこの小岩峰。支点は腐ったハーケンが2ヶ所あり。手前の松の木で確保。

全体的に明るくロケーションはよかったです。

ロープをしまってから立派な岩峰が出てきてビビりましたが、中腹にフィックスロープがあり容易にトラバースできました。尾根通しに行く人もいるようです。右奥に隣の尾根(第2尾根)が見えていて、あちらも気になりました。

登ってきた尾根を振り返る。

山頂標識は地形図の488mピークの手前のピークにありました。

下山は沢沿いの一般道をたどりましたが、分岐の標識に危険ルートと書いてあった通りなかなか強傾斜でワイルドな道でした。

 

リンク

yamap.com

案内していただいた先輩の記録(ありがとうございました!)

www.alpkk.com

尾根の名前はこちらのレポートに倣いました

www.youtube.com

同レポートの動画版。第2尾根の側壁にルートを拓いたとのことなので行ってみたいですね。