奈良吉野の移住登山ガイド ちくちゅーの日記

山が好きで、山に住んでみたくて移住しました。山暮らし、ガイド報告、登山ネタetc.

今シーズン3回目の大峰氷瀑トレッキング

今シーズン3回目の大峰氷瀑トレッキングを開催しました!
暖かな1日でしたが山の上はしっかり氷の世界でした~
氷瀑は毎回違う景色を見せてくれ飽きることがありません。次回も楽しみです!

f:id:chkch:20210211222349j:plain

f:id:chkch:20210211222358j:plain

f:id:chkch:20210211222406j:plain

f:id:chkch:20210211222414j:plain

 

急坂のカナビキ尾根から天女の舞へ

1/31(日)、当初は氷瀑トレッキングを予定していましたが週前半の雨の影響で溶けてしまったという情報があり、急遽行先変更。前日に続き天女の舞に行ってきました。前日は西側からのルートでしたが、今回は反対の東側から。急坂のカナビキ尾根で前爪アイゼンの歩行練習もあわせてやってみよう、というテーマでした。

f:id:chkch:20210210220914j:plain

熊渡より出発。みたらい渓谷を過ぎてからは林道にプチ氷瀑ができており綺麗でした。川迫川の流れが美しい。

f:id:chkch:20210210220922j:plain

崩壊した林道歩きを経てカナビキ尾根に取り付く。アイゼンをはいてどんどん高度を上げていきます。

f:id:chkch:20210210220930j:plain

途中、これから目指す天女の舞方面(1518mピーク)が見えました。霧氷が育っている様子。

f:id:chkch:20210210220939j:plain

昼食をはさんで再び登り始めます。主稜線との合流直前はこの尾根一番の急坂。雪が多いとしんどいところですが、比較的歩きやすいコンディションでした。

ゆっくり目の出発だったので下りてきたグループと何組かすれ違いました。天女の舞はなかなかの密だったとか…。ここ最近、かなりの人気スポットとなっているようです。

f:id:chkch:20210210220946j:plain

主稜線に合流し、夏道を外れて1518mピークへ直行。これまで急坂の連続でしたが、ピーク直下に限っては西側ルートよりなだらかで、雰囲気のいい自然林の森歩きが楽しめました。

f:id:chkch:20210210220957j:plain

そして1518mピークに到着。ここは昨年、「天女の頂」という看板が設置されました。今後はこの名前が定着するんでしょうか。ヤマップには既にこの名前で登録されていました。2年前は天女山と呼んでいましたが笑

f:id:chkch:20210210221044j:plain

「天女の舞岳」というプレートもありました。

f:id:chkch:20210210221003j:plain

斜面を駆け下って天女の舞へ。ちょうど青空が広がってきました。

f:id:chkch:20210210221009j:plain

いい雰囲気です。

f:id:chkch:20210210223433j:plain

天女の舞といえば稲村ヶ岳の大展望! 2日連続で見ても格好いいですね~

f:id:chkch:20210210221033j:plain

法力峠の向こうには大きな山が。帰宅して調べてみると大天上ヶ岳でした。個人的にはこれまであまり目立たない印象の山でしたが、この姿はかなり存在感がありました。

f:id:chkch:20210210221018j:plain

 雪山を全身で堪能しましたとさ笑

雪はなくとも氷はある 大峰氷瀑トレッキング開催しました

本日は大峰氷瀑トレッキングを開催しました!
この時期としては異例の雪のなさで、アイゼンを使ったのは全行程の1割以下でした。
ただし、雪はなくとも冷え込みがあれば氷瀑はできますので、大小さまざまな氷の世界を楽しむことができました~
冬の特徴的な現象といえば雪・氷瀑・霧氷ですが、それぞれ成り立ちが違うため、特性を理解すればその日楽しめるものがきっと見つかります。
今日は氷の日でした☆

f:id:chkch:20210207215315j:plain

f:id:chkch:20210207215326j:plain

f:id:chkch:20210207215333j:plain

f:id:chkch:20210207215340j:plain

 

霧氷の森と純白の高峰展望 天女の舞を開催しました

1/30(土)、「幻想的な霧氷の森 天女の舞」を実施しました。
午前中はモノトーンの世界でしたが、だんだんと青空が広がり、帰りは純白の稲村ヶ岳を望む絶景が…!
遠くの高峰だけが白い姿はヒマラヤを思わせました。
写真ではなかなか伝わりませんが、信仰の山というのが素直に納得できる圧倒的存在感でした。
高見山や三峰山に比べるとややロングコースではありますが、それだけに雪山のいろいろな表情を見ることができるコースです。歩けば歩いただけの発見がありますね。

f:id:chkch:20210203230727j:plain

f:id:chkch:20210203230739j:plain

f:id:chkch:20210203230751j:plain

f:id:chkch:20210203230757j:plain

f:id:chkch:20210203230805j:plain

f:id:chkch:20210203230810j:plain

f:id:chkch:20210203230817j:plain

f:id:chkch:20210203230825j:plain

f:id:chkch:20210203230831j:plain

f:id:chkch:20210203230837j:plain

 

大峰シェイクスピア氷柱群フィールド調査&ガイドトレーニング

1/20(水)、エコツアー団体山遊び塾 ヨイヨイかわかみを一緒に運営しているガイド仲間とともに、トレーニングを兼ねて冬に氷瀑ツアーを開催しているフィールドの調査に行ってきました。天気予報とにらめっこして、冷え込みがしばらく続いた後の晴天を狙っていきました。これはフリーランスの特権ですね(笑)

f:id:chkch:20210120220744j:plain

ガイディングの練習も兼ねて危険個所は積極的にロープを使っていきます。

f:id:chkch:20210120220753j:plain

登山開始から約3時間、お目当ての氷瀑が見えてきました。

f:id:chkch:20210120220810j:plain

巨大氷柱が立ち並ぶ円形劇場的な空間に圧倒されます。

f:id:chkch:20210120220858j:plain

意外に予想ほど氷は発達していませんでした。しかしこれはこれで、繊細な美しさがあります。氷瀑の成長については12月の雨の量が少ないと発達しにくいとか、冷え込みすぎてもいけないとか、いろいろな要因があるようです。

f:id:chkch:20210120220912j:plain

氷の内側に入りこんでみました。

f:id:chkch:20210120220919j:plain

時間をかけてゆっくりと凍った氷は透き通るような色をしています。

f:id:chkch:20210120220930j:plain

自撮り。日当たりがよすぎて氷がパラパラと崩れてくるので、撮影はスピーディーに。

f:id:chkch:20210120220936j:plain

メンバー集合写真! 人と比べると氷の巨大さがわかるでしょうか。

f:id:chkch:20210120220945j:plain

通常はこの絶景を見たら満足すると思いますが(笑)、欲張りな私たちは次を目指します!

f:id:chkch:20210120232401j:plain

ここで、同じく川上村を中心に活動されている青空ファンさんのグループに偶然にも出会いました。ここからは写真の通り本格的な登攀が必要となります。

f:id:chkch:20210120220958j:plain

40mの氷をアイスクライミングで登った先にはさらに100m級の大氷瀑が見えていました。が、さすがに本日はここで時間切れ。充実のガイドトレーニングとなりました。


ここは通常の登山道ではなく、道標も一切ありません。バリエーション的な登山の経験が必要な場所になります。付近一帯は地元地主さんが管理されており、私たちは作業道整備などの奉仕活動を行い、地主さんの許可をいただいた上で入山しています。貴重なフィールドが閉鎖の憂き目にあうことのないよう、これからも安全第一で守っていきたいものです。

今回訪れたところは難易度が高いため、現状公募ツアーでご案内することは難しいですが、フィールドの入り口には今回ほど本格的な装備がなくても訪れることのできる氷瀑があります。氷の世界に触れてみたい、という方はぜひこちらをご覧ください。

www.yoiyoi-kawakami.com

沢道コースから雪の和佐又山へ

今日も今日とて下見山行。
沢道コースから和佐又山へ登ってきました。
無雪期は車でサクッと登れちゃうので和佐又山ってなんとなくイージーなイメージがありますが、実は標高1344mと高見山や三峰山より高いんですね。
麓から沢や尾根の様子をじっくり見ながら登ると、この山のことがいつもより少しわかった気がしました。

f:id:chkch:20210118212405j:plain

f:id:chkch:20210118212413j:plain

f:id:chkch:20210118212422j:plain

f:id:chkch:20210118212428j:plain

 

1週間ぶり今シーズン3回目の三峰山へ。霧氷はバッチリ!

本日はM社のツアーガイドで今シーズン3回目の三峰山へ。
雪はありませんが霧氷はバッチリ。特に八丁平は美しかった!
正直期待していなかっただけに、嬉しい誤算でした。
これだから山は行ってみないとわかりませんね。

f:id:chkch:20210117232921j:plain

f:id:chkch:20210117232912j:plain

f:id:chkch:20210117232905j:plain

f:id:chkch:20210117232938j:plain

f:id:chkch:20210117232945j:plain

f:id:chkch:20210117232952j:plain

f:id:chkch:20210117232958j:plain

f:id:chkch:20210117233004j:plain

f:id:chkch:20210117233011j:plain

f:id:chkch:20210117233017j:plain