大台ヶ原・大峰山・熊野古道etc. 登山ガイドの日記

奈良の山ん中に住む移住者登山ガイドの日記。山行報告、ガイド報告etc.

ガイドは毎日同じことをやっていて飽きないのか問題

夏がきて、最近はすっかりケイビング(洞窟探検)のガイドに明け暮れている。カヤックもやっているけれど、最近はめっきり洞窟に偏っている。数えてみたら、8月に入ってからすでに10回も同じ洞窟に入っていた。いまのところ2日に1回は行っている計算になる。

f:id:chkch:20170819210233j:plain

洞窟に限らずだけど、ガイド仕事は覚えることがたくさんある。全体的な雰囲気づくり、スムーズな進行、的確な解説、安全確保etc...

ケイビングガイドではもちろん安全確保や洞窟の成り立ちの説明などもするけれど、お客様の思い出に残るいい写真をとるのも仕事のひとつ。これはライトを変えたりして、だんだんとよくなってきた。

f:id:chkch:20170819210241j:plain

入っているのは同じ洞窟でも、同じことを同じタイミングでしゃべり、同じ動作をしているという日はそうそうない。毎日同じようで微妙に違う。こうした方がもっといい、これはやってみたけどイマイチだった、そういう試行錯誤の繰り返し。

f:id:chkch:20170819210249j:plain

大前提として参加者の方が毎回違う。天候も違う。自分のリズムも微妙に違う。そうした中で毎日のツアーが繰り広げられていく。同じプログラムを毎日やっていても、安定というものはない。

これを大変だと感じるか、面白いと感じるかは人それぞれだと思うけど、幸いどうやら自分は面白いと感じられるタイプのようだった。それがわかっただけでも、この夏洞窟に通い詰めた甲斐はあるのかもしれない。

「毎日同じことをしていて飽きない?」と聞かれるときがある。端から見ると同じことの繰り返しに見えるのかもしれない。自分も以前はそう思っていた。

でも今ならわかる。飽きない。毎日少しずつだけど前進しているのが感じられるから

これを何十年と続けたらどうなるのだろうと思う時がある。それはやってみなければわからない。その先を見てみたいと思う。